Past Exhibition (2009~)

 ▼過去の展示他▼

ポーラ ミュージアム アネックス展2021
-自動と構成-
2021年3月18日(木) – 4月18日(日)
※休館日:4月12日(月)
11:00-19:00 (入場は18:30まで)
入場無料
会場: POLA MUSEUM ANNEX (ポーラ ミュージアム アネックス)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階
電話: 050-5541-8600
ーーーーーーーーーーーーー
アートフェア東京2021
2021年 3月18日(木)– 21日(日)
※最終入場は各日終了30分前
※3月18日(木)は招待制
パブリックビュー
3月19日(金) 12:00 - 19:00
3月20日(土) 12:00 - 19:00
3月21日(日) 12:00 - 16:00
会場
東京国際フォーラム ホールE/ロビーギャラリー(東京都千代田区丸の内3-5-1)
入場料
チケット 4,000円(税込)
※小学生以下は、大人同伴に限り入場無料
※事前オンライン予約のみのお取り扱いです。
ーーーーーーーーーーーーー












THE MIRROR AND THE LAMP

exposition des Lauréat.e.s 2020 de l’Académie royale des Beaux-Arts de Bruxelles, Ecole Supérieure des Arts

avec : Marina Amaral, Maria André, Michèle Bellanger, Elisabeth Cols, Mathilde Daix, Coralie Domiter, Marie Dubus & Lila Poimboeuf-Mahieu, Pierre-Alexis Féron, Ida Ferrand, Margot Jourquin, Loïs Ladent, Noémie Le Meur, Camille Lemille, Kevin Diwete Lusakivana, Anna Molliere, Alice Nataf, Honorine Pardon, Fanny Peyratout, Lucie Pinier, Laura Tinard, Akiko Ueda, Antonella Valerio, Margot Valty, Axelle Vanoli

curatrice : Pauline Hatzigeorgiou

Louise 251 – Av. Louise 251 1000 Bruxelles

30.01 > 6.02 2021


The mirror and the lamp, l’exposition des Lauréat·e·s 2020 de l’ArBA-ESA, propose de déceler dans les univers singuliers de ces jeunes artistes, créateurs et créatrices, des enjeux ou des moyens partagés.

L’exposition emprunte son titre à un ouvrage sur le romantisme de M. H. Abrams faisant usage de ces deux métaphores, du miroir et de la lampe, pour retracer l’évolution des conceptions de l’art comme reflet (imitation, mimesis) et comme lueur (expression, projection active). Si dans un premier temps le monde se reflète, non sans se biaiser, dans la pensée ou la représentation, le mouvement s’inverserait ensuite avec le romantisme et c’est la pensée qui, découvrant ce qu’elle connaît déjà en partie, projette sa lumière sur un monde qu’elle contribue donc à façonner.

Ces métaphores, on les imagine ici combinées, à l’image d’un faisceau qui se diffracterait dans des régimes spatiaux et temporels enchevêtrés. La ligne de fuite et la progression en flèche ayant démontré depuis longtemps déjà leurs dévoiements, le modèle qui inspirerait cette génération serait plus que jamais celui des bifurcations, des tissages et des croisements entre les temps, entre les plans et leurs projections. Le commun des participant·e·s se situerait ainsi dans les récits, dans une multitude de tonalités, de dimensions et de registres convoqués. Les voix portées dans ces narrations souvent auto-, semi- ou encore science- fictionnelles, disent et construisent des mondes décentrés où les objets développent leur propre langage et deviennent des sujets sociaux. Autant de projets que d’intentions pour penser ces autres voies à advenir.

Informations pratiques : 

Jury le jeudi 28/01/2021 de 13h30 à 19h
Ouverture de l’exposition (sur invitation) le vendredi 29/01/2021 de 17h30 à 20h30
Exposition (sur réservation) du 30/01/2021 au 06/02/2021, du mardi au samedi de 14h à 18h

Louise 251
251 avenue Louise 1000 Bruxelles

Lors du vernissage, les prix suivants sont décernés :

Bourse Horlait-Dapsens
Prix Espronceda
Prix Academia Belgica
Prix Centre Tour à Plomb
Prix Mad
Prix de la Ville de Bruxelles
Prix d’excellence de la Ville de Bruxelles



----------------

ブリュッセルのCENTRALE.lab での個展「DÉJÀ-MAIS-VUのお知らせです。

リンク先でキュレーターのTania Nasielskiさんとの対話も視聴できます。


上田暁子 個展「DÉJÀ-MAIS-VU

会期: 2020年1216日(水)ー2021年2月21日(日)

時間: 10:30 > 13:00 – 13:30 > 18:00 

場所: CENTRALE.lab 

    Place Sainte-Catherine 16 1000 Brussels

休館日: 月曜、火曜、祝日(2020年12月25日,2021年1月1日)


https://www.centrale.brussels/en/expos/exhibition-brussels-akiko-ueda/ 





























-------------

清須市はるひ美術館収蔵作品展「流れを流れのままに」に2006年制作の油彩作品<みおくる>が展示されています。


清須市はるひ美術館収蔵作品展「流れを流れのままに」

会期:2020年12月5日(土)~2021年2月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

    2020年12月28日(月)~2021年1月8日(金)、

    2月1日(月)~2月5日(金)


観覧料:一般200円(160円)

中学生以下及び各種障害者手帳提示者は無料

※()内は20名以上の団体料金

※各種障害者手帳提示者の付添者は一般観覧料の半額

※企画展「清須市はるひ絵画トリエンナーレアーティストシリーズVol.93~95」と合わせてご覧いただけます。


清須市はるひ美術館

〒452-0961愛知県清須市春日夢の森1番地

Tel:052-401-3881

Mail:info@museum-kiyosu.jp



--------------------------------------------------------

グループ展にブリュッセル王立芸大にて制作したリトグラフ作品2点出品いたします。






「小林一夫と増えた浮(ふ)ゆかいな仲間たち」

2019年10月27日(日)-11月3日(日)
12:00-17:00 会期中無休・入場無料 
小林一夫邸にて (〒384-0061 長野県小諸市加増2-3-10)

 10月27日(日)9:00-
公開制作 and オープニングパーティー
※どなたでもお気軽にお越し下さい。

参加作家(敬称略)

小林一夫(彫刻)
齊藤智史(彫刻)
白鳥純司(絵画)
阿部紗也可(彫刻)
上田暁子(版画)
Jan Valik(絵画)
君島しょうたろう(絵画)
杉田哲郎(絵画)
真海宏之(彫刻)
土屋裕香(絵画)
小宮山智子(絵画)
Kaori Kuniyasu
佐藤千曲(絵画)
小林冴子(絵画)

--------------------------------------------------------------------

' Kazuo Kobayashi and Floating Fellows vol.2 '

27th October -3rd November 2019
12:00-17:00 free entrance
At Kazuo Kobayashi studio 
    2-3-10 Kamasu, Komoro city, Nagano 384-0801 JAPAN

*Opening party and performance
 27th October 2019
 9:00-

Artists

Kazuo Kobayashi (sculpture)
Satoshi Saito (sculpture)
Jyunji Shiratori (painting)
Sayaka Abe (sculpture)
Akiko Ueda (printing)
Jan Valik (painting)
Shotaro Kimijima (painting)
Tetsuro Sugita (painting)
Hiroyuki Shinkai (sculpture)
Yuka Tsuchiya (painting)
Tomoko Komiyama (painting)
Kuniyasu Kaori
Chikuma Sato (Painting)
Saeko Kobayashi  (Painting)
--------------------------------------------------------------------

NIGHT WALK, DAY SLEEP

アーティスト: Jan Valik, 上田暁子
キュレーター: Martina Ivicic

オープニングパーティー 718日(木) 6pm-

2019719日(金)ー818日(日)
火木: 12:00 – 19:00
水金土日 10:00 – 17:00
*月曜休廊

Gallery Medium 
住所: Hviezdoslavovo nam. 18
         Bratislava, Slovakia
E-mail:  medium@vsvu.sk
Phone:  +421 2/5942 8570

--------------------------------------------
NIGHT WALK, DAY SLEEP

Artists: Jan Valik, Akiko Ueda
Curator: Martina Ivicic

Opening on Thursday 18th July at 6pm

Exhibitions runs from 19th July until 18th August



Gallery Medium 
Hviezdoslavovo nam. 18
Bratislava, Slovakia

Opening hours:
Tue Thu 12:00 – 19:00
Wed, Fri - Sun 10:00 – 17:00
Mon closed

Gallery Medium
+421 2/5942 8570

-------------------------------

2018年9月からPOLA美術財団の助成を受けベルギーのブリュッセル王立芸術大学のマスターコースで研修をしています。

ブリュッセル王立芸大が新しく始めるプロジェクトの第一弾に私の作品を選んでいただきました。
保険会社Federale Verzekeringのビルの一角に学校が新しくディスプレイを設けて、これから月毎に学生の作品を紹介していくとのことです。
私の作品は明後日7月4日ー8月31日の2ヶ月間そのディスプレイに展示されています。 観光名所のグラン・パレまで徒歩2分くらい、通りに面したディスプレイなので気軽にご覧いただけます。
ブリュッセルにお立ち寄りの際にはよろしくお願いいたします。
住所: Rue du Lombard 76 1000 Bruxelles
My works will be presented in a display which belongs to an insurance company Federale Verzekering. This is a new project of Académie royale des Beaux-Arts de Bruxelles through which works of selected students will be presented every month. The duration of my presentation is from 4th July until 31st August. The display titled ‘A Perfect Square’ is located in the heart of the city near the bus stop “Grand Palais” (2min by walk). Please drop by if you will be in Brussels.
Address: Rue du Lombard 76 1000 Bruxelles
UN CARRÉ PARFAIT
EEN PERFECT VIERKANT
A PERFECT SQUARE

(FR)
Un carré peut-il jamais être parfait? Un espace de liberté et de visibilité de 2 x 2 m. est mis à la disposition de l'Académie royale des Beaux-Arts de Bruxelles (ArBA-EsA) par Fédérale Assurance.
Chaque mois, en période d'année académique, nous vous présente-rons un travail singulier, issu de l'un des 17 cursus de l'Académie.
A l'occasion de la première activation de *Un carré Parfait*, qui coïncidera avec le lancement du Tour de France à Bruxelles le 4 juillet prochain et se poursuivra jusqu'à la rentrée académique de Septembre 2019,
c'est une étudiante de M1 du Cursus Peinture de l'ArBA-EsA qui est mise à l'honneur: Akiko Ueda (Jap) revisite et questionne dans sa pratique la logique processuelle et narrative de la tradition occidentale. Des peintures à la gestuelle libre et spontanée servent de points de départ à
son travail. Ils précèdent des dessins autonomes et indépendants qui deviennent ainsi autant d'extensions et d'explorations possibles du champ pictural. Le dialogue et les aller-retours entre peinture et dessin se poursuivent et s'alimentent ensuite dans un cheminement virtuellement sans fin. La fascination de Ueda pour la tradition picturale d'un Brueghel l'Ancien, et pour la peinture flamande plus généralement, mêlée d'une pointe de surréalisme, se ressent dans l'esprit foisonnant de ses compositions qui fonctionnent comme autant de microcosmes, ainsi que
l'illustrent les deux oeuvres jumelles en peinture et en dessin/technique mixte, *One more Glance*, que nous vous présentons ici.

(EN)
Can a square ever be perfect? A 2 x 2m space of freedom and visibility is graciously put by Federale Verzekering /Fédérale Assurance at the disposal of the Royal Academy of Fine Arts of Brussels (ArBA-EsA). Each month, during the academic year, a new artwork representing — one of the 17 departments of the Academy will be displayed.
On the occasion of the first activation of *A Perfect Square*, which will coincide with the Launch of Tour de France on Thu 4 July 2019, and will extend until the beginning of the Academic Year 2019-2020 in September, it is a Master 1 student from the Painting Department of ArBA-Esa who is put to the fore. The Japanese Akiko Ueda revisits and somehow subverts the processual and narrative logics of Western painting. In her body work, the paintings, carried out with a free and spontaneous brush, preceed a subsequent practice of independent drawings which can therefore be apprehended as further explorations and extensions of the first. The goings and comings between the two media may be virtually pursued in a sort of endless echoes and dialogues, strengthening her practice. Her fascination for the art of i.a. Bruegel the Elder, for the Flemish Old Masters more generally, as well as for Surrealism, is clearly perceptible in the lush and dense character of her compositions, acting as sort of microcosms, as the two selected sister compositions (a painting and a drawing / mixed media)* One more Glance* testify.
Drawing:
*One More Glance (D)*
71.5 x 104 cm
Pencil, tempera and oil on Arches paper
2019
Painting:
*One More Glance (P)*
73 x 100 cm
Oil on linen
2019





-------------------------------
100% de confluence 




日時: 12月6日(木) − 9日 (日) 10h-18h 
Opening 2018年12月5日(水) 18h-21h 

The Pool / SB34 
rue Saint-Bernard 34 (rez-de-chaussée) 
1060 Saint-Gilles 

web: sb34.org


-------------------------------

Accrochage des étiduantes en Master 1 CARE 
2019年2月7日(木) 18h30 - 20h30 
Galerie 100titres 
Rue Alfred Cluysenaar, 2 1060 Saint-Gilles








-------------------------------



軽井沢酢重ギャラリーにて
個展「隣の夜」
2018年6月30日(土) - 7月22日(日)
6月30日18時よりオープニングパーティー

Solo Exhibition "Neighboring Night"
30th June (sat) - 22nd July (sun) 2018
*opening party on 30th June 18:00-

「水位」water level / 273 × 220 mm / oil on canvas








----------------------------------------
お世話になった予備校のギャラリーでの個展。
大作「まだ舟はいらない」「モーニングキス」の他、数展の小中規模の近/旧作を展示。

上田暁子展
2018年5月22日(火) - 6月2日(土)
11:00-18:00  *最終日16:00まで

ギャラリー彩光舎
〒330-0064
さいたま市浦和区岸町6-2-1
tel : 048-822-9952
mail : kaiga@saikousha.jp
web : www.gallery-saikyousya.com

----------------------------------------


2018年6月6日(水) - 21日(木)
〈芒種〉にはじまり〈夏至〉におわる
宮ノ越宿旧田中邸2Fにて作品を展示いたします。

即興絵画制作空間パフォーマンス EN ROUTE
6月17日(日) 14:00-15:00
宮ノ越宿旧田中邸2Fにて

----------------------------------------

--------------------------------------------------------------

清須市はるひ美術館 収蔵作品展 
はるひ絵画トリエンナーレ大賞作品展1999-2015

大賞作品が修復中のため収蔵作品「泳ぐ街」が展示されています。

会期:2017年12月20日(水) ~ 2018年3月11日(日)
開館時間: 10:00~19:00 (入館は18:30まで)
休館日: 月曜日 (ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)、
12月29日~1月3日、1月18日~20日、2月14日~16日
観覧料:一般 200円(160円) 中学生以下無料
         ※(  )内は20名以上の団体料金
         ※各種障害者手帳提示者及び付添人1名は無料
         ※企画展「清須市はるひ絵画トリエンナーレアーティスト
             シリーズVol.84~86」と合わせてご覧いただけます
会場: 清須市はるひ美術館
          〒452-0961 愛知県清須市春日夢の森1番地

http://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/2017/collection12/index.html

--------------------------------------------------------------
上田暁子個展「風穴」 会期:2018年1月20日 - 2月17日
*パフォーマンス EN ROUTE:1月20日(土)19:00 -
  出演:山㟁 直人(パーカッション)
 矢部 優子(ピアノ)
 Margatica(ダンス)
        上田暁子(油絵)
開廊時間: 火 - 木、土 11:00 - 18:00、金 11:00 - 20:00
休廊日: 月、日、祝
会場: ユカ・ツルノ・ギャラリー
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F
地図

ページ違い / Beyond Pages, 2017

Akiko Ueda, A Hole for a Wind
Date: January 20 - February 17, 2018
* Performance EN ROUTE: January 20, 19:00 -
 Naoto Yamagishi (Percussion)
    Yuko Yabe (Piano)
    Margatica (Dance)
    Akiko Ueda(Painting)

Opening hours: Tue - Thu, Sat, 11am - 6pm; Fri 11am - 8pm
* Closed on Sunday, Monday, and National holiays
Venue: Yuka Tsuruno Gallery
1-33-10-3F Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo Japan
MAP

Press Release
http://yukatsuruno.com/pressrelease/pr067_a_hole_for_a_wind#english

--------------------------------------------------------

喜多方市美術館にて、2015年に滞在制作した「その湖と湖」が展示されています。


館蔵展
喜多方美術倶楽部から喜多方市美術館のはじまり、
そして現在まで
2017年12月16日(土)〜12月26日(火)
2018年1月5日(金)〜14日(日)
当館がこれまで収蔵してきたコレクションと、最近新たに収集した作品を紹介する「館蔵展」を開催します。今回、喜多方の美術活動の変遷をテーマに約50点の作品を紹介します。
===============
■トークイベント「喜多方美術倶楽部から100年 -大正時代・昭和の美術-」
日時 2017年12月16日(土) 午後2時〜3時
講師 増渕 鏡子(福島県立美術館学芸員) 、後藤 學(喜多方市美術館館長)
内容 喜多方美術倶楽部の活動目的と、支援を受けた作家の中から酒井三良、山内神斧を中心に解説します。また、倶楽部解散後も昭和の時代に会津で活動を続けた作家たちもあわせて紹介します。
■学芸員によるギャラリートーク
日時 2017年12月17日(日)、24日(日)、2018年1月7日(日)、14 日(日)午後2時〜2時30分
内容 当館学芸員が、作品について解説します。
===============
詳細はホームページをご覧ください。
http://www.kcmofa.com/exhibit/2062/

--------------------------------------------------------

長野県信濃美術館クロージング展 
ネオヴィジョン新たな広がり

2017年9月16日 (土) - 2017年9月30日 (土)
*水曜休館
9:00 - 17:00(入館は16:30まで)

観覧料
大人 800(700)円、大学生 600(500)円、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料
割引クーポン
http://www.npsam.com/uploads/coupon/npsam-coupon-2017.jpg

長野県信濃美術館
〒380-0801
長野市箱清水1-4-4 (善光寺東隣)
Tel.026-232-0052

【第一部◉建築 信濃美術館と林昌二】
【第二部◉コレクション 私の、この一点】
【第三部◉7人の若手作家】信州は古くから、多くの芸術家を輩出してきました。現代でも数多くの美術作家たちが国内外で活躍しています。この展示では、新しい美術館へ向けて、信州の美術のこれからを担う若手作家を、絵画、写真、彫刻、陶芸、インスタレーションなど、様々なジャンルの作品からご紹介します。
展示作家敬称略)
上田暁子
北村佳奈
倉石太次郎
篠田優
下平千夏
坪内真弓
新村優子


9月23日には 2013年から継続的に行なっている
絵画制作空間プロジェクト EN ROUTE も行います!
2013年より画家上田暁子、パーカッショニスト山㟁直人が始めた絵画制作空間プロジェクト"EN ROUTE"。 
音楽家やダンサーとその場を共有することで即興の絵画制作空間を作り上げるパフォーマンスです。 
絵の描き出しとともにパリCite des Artsにて始まり2014年は長野県小諸市高原美術館、2015年は福島県喜多方市新宮熊野神社長床、2016年は横浜・黄金町アートマネージメントセンターのかいだん広場、松本市Bar Aquavitaeを巡り、その度に縁のある音楽家やダンサーなど様々なジャンルのゲストに招き形を変えながら一枚の絵に層を重ね続けています。
今回は信濃美術館内カフェスペースCafé Kaiiを貸しきらせていただき、ピアニスト新井陽子さんとサキソフォニストで作曲家のJakob Gniglerさんをゲストにお迎えして開催いたします。

その日その時その場所で立ち上がる絵画制作空間とそこに満ちる即興の音楽、一枚の絵の些細な変化にお立ち会いいただけたらと思います。 

絵画 上田暁子 氏(画家・第3部出品作家)
打楽器 山㟁直人 氏(パーカッショニスト)
ピアノ 新井陽子 氏(ピアニスト・ゲスト出演)
サキソフォン Jakob Gnigler 氏 (サキソフォニスト・作曲家・ゲスト出演) 
日時=923日(土)14:0040分程度
場所=Café Kaii(信濃美術館内) 
申込=不要 
参加費=無料、ただし観覧料は必要

第7回 N-ART展2017

2017年7月29日(土)- 8月14日(月)*水曜定休
10:00 - 18:00(日曜、祝日は17時終了)

ガレリア表参道
〒380‐0832 
長野市東後町21番地
グランドハイツ表参道弐番館 B1F
TEL : 026-217-7660
*JR長野駅よりバス15分。100円の区間内で す。
*善光寺まで徒歩5分。善光寺参りの際、是非お立ち寄りください。
http://omotesando-nagano.com

      
オープニングパーティ&ギャラリートーク  8月5日(土)
ゲスト 本江邦夫(多摩美教授・美術史家)

出品作家敬称略)
小山利枝子
ナカムラジン
上田 暁子
更科 真梨子
◎特別出展 根岸 芳郎


―――――――――――――――――――――――
八十二文化財団 特別展第3回 メタモルフォーシス展

5月30日(火)- 6月25日(日)
平日 9:30 - 18:00
土・日・祝日 10:00 - 17:00
会期中無休・入場無料

出品作家(敬称略)
安藤美香
上田暁子
齋藤春佳
更級真梨子
千田泰広
古橋まどか
矢島史織

ギャラリー82
長野市岡田178-13 八十二別館1階
026-224-0511
http://www.82bunka.or.jp/gallery/2017/05/-3.php

―――――――――――――――――――――――

小林一夫と浮(ふ)ゆかいな仲間たち

2017年5月20日(土)- 6月2日(金)
11:00 - 19:00
会期中無休・入場無料

元麻布ギャラリー佐久平
〒385-0027 長野県佐久市佐久平駅北1-1
東横イン佐久平駅浅間口1F

オープニングレセプション 
5月20日(土)16:00 -

参加作家(50音順・敬称略)

小林一夫(彫刻)
阿部紗也可(彫刻)
上田暁子(絵画)
君島しょうたろう(絵画)
小林冴子(絵画)
齊藤智史(彫刻)
白鳥純司(絵画)
杉田哲郎(絵画)
田嶋健(版画)
森泉智哉(絵画)
Jan Valik(絵画)





―――――――――――――――――――――――


チェコのパルドヴィツェという町で行われる国際アートフェスティバルに参加します。
アートスペースNOVにて、プレゼンテーションを行います。

Art Space NOV
(Pernštýnské náměstí 49, Pardubice-Staré Město, 530 02 Pardubice, CZ)

21th MARCH 2017
18:00-

2017年3月21日(火)
18時から

上田暁子個展「地球儀の燃料」

12月19日(月)-28日(水) *日曜日は休廊します
11:00 - 18:30

NICHE GALLERY
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-12
銀座ビルディング 3F
TEL - FAX : 03-5250-1006

(在廊日 12月19日、24日、28日他を予定しています。)


「夕暮れ宿るカクテル」
455 x 530 mm / oil and acrylic on canvas /2016



Akiko Ueda Solo exhibition 
-Nectar makes the globe go round- 

19th(mon)- 28th(wed) *closed on Sunday
11:00 - 18:30

NICHE GALLERY
3F 3-3-12 Ginza BLDG. Ginza Chuo-Ku Tokyo Japan
tel:(81)3-5250-1006

毎年恒例のこちらにも小作品で参加します。
Art potluck クリスマスアートギフト展

2016年12月9日(金)-12月23日(金)
*14日(水)、15日(木)休廊
11:00-19:00

元麻布ギャラリー佐久平
長野県佐久市佐久平駅北1-1
東横イン佐久平駅浅間口 1F




せぴろまの夢レジデンス 招聘作家 3人展
会 期:平成28年10月15、16、22、23、29、30日 11月5、6、12、13日
(土日限定、期間10日)
会 場:画廊星醫院 (福島県喜多方市字小田付道上7025番地内)
時   間:午前10:00 - 午前4:00(入場は午後3:30まで)
観覧料:無料

昨年滞在制作をさせていただいた福島県喜多方市で、2013年招聘作家 花澤武夫さん、2014年招聘作家 北城貴子さん との3人展です。
会場は制作場所として日々通い大変お世話になった星醫院さんです。

-------------------------------------

喜多方夢アートプロジェクト大原美術館所蔵作品「せぴろまの夢 まはマティスのマ展」
クロージング イベントの第2部のトークに参加します。

2016 年11 月13 日(日)
第1部 午後3 時〜午後4 時
対談『アーティストをとおしてみる喜多方』
会 場:喜多方市美術館 第2 展示室
喜多方での滞在制作について、津上みゆき氏と大原美術館学芸課長柳沢秀行氏が対談します。


第2部 午後4 時30 分〜午後6 時
クロストーク『せぴろまの夢から…』
会 場:大和川酒蔵北方風土館昭和蔵
2013〜2016 年までの招聘作家と柳沢秀行氏を講師に迎え、「せぴろまの夢展」を経て、喜多方滞在制作での思い出や作品制作などを振り返り、今後の喜多方滞在制作の可能性を探ります。
花澤武夫氏 (せぴろまの夢レジデンス2013 年招聘作家)
北城貴子氏 (せぴろまの夢レジデンス2014 年招聘作家)
上田暁子氏 (せぴろまの夢レジデンス2015 年招聘作家)
津上みゆき氏 (せぴろまの夢レジデンス2016 年招聘作家)
柳沢秀行氏 (大原美術館学芸課長)

-------------------------------------
トークの翌日11月14日には喜多方市の食堂つきとおひさまにて、管楽器奏者Joachim Badenhorst氏のアルバム「KITAKATA」インストアライブにドローイングetcで参加します。

ただいま、KITAKATA!ナイト
―アルバム"KITAKATA"リリースパーティー




 
11月14日(月)
場所: 食堂つきとおひさま
開場 18:30
コンサート 19:00- (¥500 1drink付き)
アフターパーティー 20:00- (¥1000 フード付き)


<出演者>
管楽器演奏: Joahim Badenhorst
フード: つきとおひさま & Bei Tan
即興ドローイング: 上田暁子


<内容説明>
昨年秋に喜多方で共同生活をした3人が一年の時を経て戻って来ます。管楽器奏者ヨアヒム(Joahim Badenhorst)は、2015年度大原美術館コレクション展オープニングパフォーマンスイベントEn Routeに同年招聘作家であった上田暁子と共演するため初めて喜多方の地を踏みました。滞在中彼は、星醫院の手術室や大和川酒造の水源、あるいは田んぼの真ん中など喜多方のさまざまなロケーションで演奏音源を録り貯め、その音源を元に2016年1月KITAKATAの名を冠したカセットテープアルバムをフランスのサンテロワジールズレーベルからリリース。ベイ(Bei Tan)はベルギーのアントワープHet Bos で行なわれたKITAKATAリリースパーティーにて喜多方滞在から着想を得たフードを提供しました。
魅力溢れる喜多方という土地とあたたかく迎えて下さった方々へ思いを馳せながら過ごしたそれぞれの一年間、再訪というよりは帰って来たような気持ちでいっぱいの三人が、「ただいま、KITAKATA!ナイト」を食堂つきとおひさまにて開催させていただくことに!
ヨアヒムの演奏に併せての上田暁子の即興ドローイング、またアフターパーティーではベイによるフードをお楽しみいただけます。


<出演者略歴>
ヨアヒム・バーデンホースト Joachim Badenhorst
サックス、クラリネット奏者。1 9 8 1 年ベルギー・アントワープ出身。ソロの即興演奏の他、ポール・リットンとのコラボレーションや彼の率いるカラテ・ ユリオ・オーケストラのために楽曲提供も行なう。音楽大学で数年にわたって学んだ後、ベルギーのみに留まらずアメリカや他のヨーロッパの各都市での活動を精力的に展開し、彼独自の時を刻んできた。2 年前から彼は、自身のレーベルK L E I N を立ち上げ、ドローイング等の視 覚的表現を自ら描くのみならず、ポスター、ブックレット等のアートワークのプロデュースを手がけ、より豊かなイメージの源を加えた形での音源リリースを行なっている。http://www.joachimbadenhorst.com/Home.html

ベイ・タン Bei Tan
1985年中国広州出身、シカゴで育つ。ニュ—ヨーク大学で民俗学を学んだ後、数年前からヨーロッパへ拠点を移し現在に至るまで世界各国を巡りながら異文化を渡り歩く中で衣食住に強い関心を持ちつづけている。特に様々な土地で触れた食文化は、大使館や音楽イベント等でケータリングサービスなど食に関する彼女のクリエイティビティを発揮するのに欠かせないインスピレーションとなっている。ベルギーのアントワープHet Bos で行なわれたKITAKATAリリースパーティーにおいては喜多方滞在から着想を得たフードを提供。今回のイベントでもフードを担当する。

上田暁子 

2015 年大原美術館コレクション展せぴろまの夢ろはロダンのロ展招聘作家招聘作家。1983 年京都市出身、長野県小諸市で育つ。2013 年に武蔵野美術大学パリ賞を受けて渡仏した際に、山岸氏と出会いEN ROUTE を発足。主な個展に 2009 年「世界は大 きな花束でもある」清須市はるひ美術館、2014 年「森はまだ種の中」 小諸高原美術館、2015 年「絵画が画家の寝顔を見る時」第一生命南ギャラリー等。近年は倉敷大原美術館、喜多方市夢 アートプロジェクト、フランス、 チェコ共和国をはじめとした国内外のレジデンス事業に参加。 http://www.uedaakiko.com


-------------------------------

2016年11月3日文化の日に、松本駅近くのBar Aquavitae(バー アクアヴィテ)にてパフォーマンスプロジェクトEN ROUTEを行ないました。

"En Route in Matsumoto" 

@ Bar Aquavitae 松本

2016年11月3日(木)
開場13:30 開演14:00
投げ銭制


Bar Aquavitae 松本
松本市大手1-3-30 ニュー大手ビル205 (松本駅から徒歩7分)
0263-35-8418 


矢萩美里 ダンス
Joachim Badenhorst クラリネット from Belgium
Rhys Butler サックス from Australia
山㟁直人 打楽器

上田暁子 絵  



2013 年より画家上田暁子、パーカッショニスト山㟁直人が始めた絵画制作プロジェクト" EN ROUTE "(道の途中)。音楽家やダンサーとその場を共有することで出来上がる即興の絵画制作空間パフォーマンスです。絵の描き出しとともにパリCite des Artsにて始まり2014年は長野県小諸市高原美術館、昨年は福島県喜多方市新宮熊野神社長床、今年の6月は横浜黄金町高架下かいだん広場を巡り、その 度に縁のある音楽家やダンサー をゲストに招き形を変えながら一枚の絵に層を重ね続けています。

---------------------------------------------------------------------

今週末は松本で!

"音楽と絵による即興パフォーマンス"

今ここ、または未来。はたまた古代の様な。エレクトリックとアコースティックが有機的に絡み合いながら一つとなり、音楽の起源、可能性を探る。ターンテーブル奏者村田直哉と打楽器奏者山㟁直人とのデュオ。これまで東京・埼玉とライヴをし少しずつ北上中。今回はそこに長野県小諸市在住の画家上田暁子とイザベル・デュトワ (clarinet, voice, from France)をゲストに迎えての即興パフォーマンス。

8月21日(日) BAR Aquavitae 
開場18:00 開演19:00~ 
入場料フリー
投げ銭ライヴ(但し要1オーダー)

●お問い合わせ先
BAR Aquavitae 0263-35-8418(20時以降)
np5dh7@bma.biglobe.ne.jp


---------------------------------------------------------------------

ギャラリー枝香庵 開廊10周年記念展
2016年 8月19日(金) - 8月25日(木)
11:30 - 19:00(日曜、最終日は17:00まで)
会場:ギャラリー枝香庵
         〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング8F
         tel:050-3452-8627

小作品を一点出品。
---------------------------------------------------------------------


第6回 N‐ART展 2016 
日時:2016年7月31日(日) - 8月14日(日)
         *3・10日(水)定休日
10:00am - 6:00pm(日曜・祝日および最終日は5時終了) 
会場:ガレリア表参道
         長野市東後町21 グランドハイツ表参道弐番館B1F
         tel:026-217-7660
参加作家:小山 利枝子, 中村 仁, 中山 徳幸, 疋田 義明, 真島 秀徳, 上田 曉子

長野を制作や活動の本拠地にしているアーティストに長野出身の若手の作家も加わった展示です。新作、大作を含め数点程出品。
---------------------------------------------------------------------


上田暁子 個展
動かないものの旅 -Motionless Journey-



2016年7月20日(水)ー8月8日(月)
10:00-18:00 会期中無休
*7月23日(土)17:00からパーティーをします。
みなさまお気軽におでかけください。

会場:軽井沢酢重正之ギャラリー
         長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1-6
         0267-41-2929

なお会期中軽井沢は道が大変に混み合います。
車でいらっしゃる場合お急ぎの方はしなの鉄道信濃追分駅か御代田駅の駐車場に駐車しそこからしなの鉄道軽井沢方面乗車、軽井沢駅下車後旧軽井沢方面へ徒歩20分のルートをお勧めいたします。

夏の軽井沢へ避暑がてら、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。
よろしくお願いいたします。

----------------------------------
http://hajimari2016.jp/en/

2012年に倉敷での滞在制作した「記憶の花脱いで」が展示されています。

会期:2016年1月20日(水)~2016年4月4日(月)
休館:火曜日
開館時間:午前10時〜午後6時
               金曜日は午後8時まで(入場は閉館の30分前まで)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
         〒106-8558
         東京都港区六本木7丁目22-2
http://www.nact.jp/

ーーーーーー
また、大原美術館 分館第3室(地下)にて元旦から始まった企画展「VOCA大原美術館賞の10年」にて、「とある熱を通り抜ける」「あふれて入口、あふれて出口」が展示されています。10年間の大原美術館賞受賞作品が全て見られる展示です。4月17日(日)まで。
お近くにお立寄りの際はご高覧のほどよろしくお願いいたします。

コレクションテーマ展40
VOCA大原美術館賞の10年

「VOCA(Vision Of Contemporary Art)現代美術の展望・新しい平面の作家たち」展は、推薦委員に指名された全国各地の美術館学芸員や美術評論家、記者等から推薦された40歳以下の作家 による絵画や写真など「平面」の作品を対象とした展覧会です。全出品作が展観されるうえ、その中から選考委員によって、VOCA賞1点、VOCA奨励賞2 点等が選出されます。若手の登竜門であるのみならず、ともすれば見落とされがちな地方で活躍する若き才能を広く全国に知らしめる意義も高く評価されます。 また同展は第一生命保険相互会社の全面的な支援により実施され、日本における企業メセナ事業の優れた事例としても知られています。
2005年からは、新たに大原美術館賞を創設して、若手作家の顕彰の一助を担ってきました。
大原美術館の所蔵作品による企画展示「コレクションテーマ展」の第40回は、VOCA大原美術館賞贈賞10年を記念して、これまでの受賞作品を一挙に公開します。

[会期] 2016年1月1日(金)~4月17日(日)
[会場] 大原美術館 分館第3室(地下)
[料金] 通常の入館料
     (一般1300円、大学生800円、高校~小学生500円)

----------------------------------

喜多方夢アートプロジェクト 

大原美術館所蔵作品展せぴろまの夢 

ろはロダンのロ展 


http://www.kitakata-yumeart.jp/project2015/cepiroma
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
会期:2015 年10月31日(土)~11月23日(月・祝)
会場:喜多方市美術館
   〒966-0094 福島県喜多方市押切二丁目2
tel: 0241-23-0404

開館時間  午前10時~午後6時
              (最終入館は午後5時30分)
休館日    期間中無休 
      ただし水曜は市内教育機関優先日
入館料    一   般:500円(400円)   
             大・高校生:300円(250円)
             小・中学生:200円(150円)
             ※( )は20名以上の団体割引料金
 
現地での滞在制作による新作と大原美術館所蔵全作品『とある熱を通り抜ける』『あふれて入口、あふれて出口』『記憶の花脱いで』『一度だけ行かれる海』が展示されます。
詳細はこちら>>

そして、この展示のオープニングイベントとしてパフォーマンスを行います。

 En Route 2015 

2015年10月31日(土)
14:00-15:00
新宮熊野神社
喜多方市慶徳町新宮熊野2242-1 MAP>>
TEL : 0241-23-0775
*喜多方駅より車で15分
入場の際新宮熊野神社の拝観料がかかります
大人/300円、高校生/200円、中学生以下/無料

出演者:
山㟁 直人(パーカッション)
Joachim Badenhorst (サックス,クラリネット)
Margatica (ダンス)
上田 暁子(油絵)

2013 年より上田暁子が打楽器奏者山㟁直人氏と始めたプロジェクト" EN ROUTE "(道の途中)。音楽家やダンサーとその場を共有することで出来上がる即興の制作空間パフォーマンスです。一枚の絵の描き出しとともにパリから始まり昨年 は長野県小諸市、この度は福島県喜多方市新宮熊野神社長床にて行なわれます。
パーカッショニスト山㟁直人さんは勿論のこと、昨年に引き続き管楽器奏者のJoachim・Badenhorstさん、そして新たにダンサーのMargaticaさんをお招きしての喜多方市でのパフォーマンスです。
土 曜日はバスもなく喜多方駅からタクシー(10分)か車でのアクセスのみとなりご不便おかけしますが、巨大木造建築長床、そしてそこに寄り添う樹齢800年 の大イチョウも色づき始める頃、なかなかのロケーションになるかと思います。喜多方市での展示、オープニングにお立ち寄りの際にはぜひ足を運んで頂けたら と思います。よろしくお願いいたします。

出演者紹介:

Margatica
 (ダンス)
神 戸生まれ。東京在住。10代より舞台美術、舞台照明で活動、自然素材による彫塑を手懸けたのち 感覚意識と空間を扱う身体表現に向かう。佐藤祐子舞踊研究所にてバレエ・モダンダンスおよび世界の民族舞踊の基礎を学ぶ。観世流梅若会で仕舞を履修。 1996年 美術家として空間インスタレーション& 無伴奏即興ソロダンスを始める。同時期に 路上パフォーマンス、プロ写真家のモデル。2000年~ノイズ、ロックバンド等のイベントにてダンスパフォーマンスグループの構成・演出。現在までインプ ロヴィゼーションを主な個人活動として即興セッション・楽曲・美術・書・映像・詩朗読などジャンルを問わず共演。小舞台照明も請け負う。(2004年より 名義margajo。2013年よりMargatica)
http://margatica.jimdo.com/

Joachim Badenhorst (サックス、クラリネット)
1981年ベルギー・アントワープ出身。ソロの即興演奏の他、ポール・リットンとのコラボレーションや彼の率いるカラテ・ユリオ・オーケストラのために楽曲提供も行なう。
音楽大学で数年にわたって学んだ後、ベルギーのみに留まらずアメリカや他のヨーロッパの各都市での活動を精力的に展開し、彼独自の時を刻んできた。
現 在、彼は作曲と即興との間の境界に対して更にイメージを掘り下げ続けている。抽象的な音の研究とそれらが調和し得る旋律によって、どんな演奏空間とも親密 に響き合う審美的な音楽言語を追求し、それらを多様なオーディエンスと共有することのできる時空を模索し試みを続ける。
2年前から彼は、自身のレーベルKLEINを立ち上げ、ドローイング等の視覚的表現を自ら描くのみならず、ポスター、ブックレット等のアートワークのプロデュースを手がけ、より豊かなイメージの源を加えた形での音源リリースを行なっている。
http://www.joachimbadenhorst.com/home.html

山㟁直人 (打楽器)
ド ラマー、パーカッショニスト。
1979 年埼玉県生まれ。音楽以前の音楽を探求し、自然からの音や流れから生じる“リズム・響き・間”を大きなうねりにのせ、あらゆる空間を音と共に旅をする。
 画家上田暁子とはパリで出会い、その時の二人のセッションから生まれた絵を生涯を懸けて発展させて行くプロジェクト ‘En Route’を継続中。
1 3 才の頃からドラムを始める。ドラムを阿部拓也氏に師事。国内外、ジャンルを問わず様々なアーティスト(ミュージシャン、ダンサー、詩人、写真家、書道家、 華道家、メディアアーティストなど)と共演し、現在はソロやグループ、またサポートドラマーとしてフランスを中心にヨーロッパや日本で活動中。
主なグ ループやプロジェクトに瞬刻(書道家白石雪妃とのデュオ)、La Dent du Chat En Dormir(Laurent Rodz /France とのデュオ), Trio Soli(Anton Mobin/Feance, Daniel Thompson/England とのトリオ)など他にも多数。これまでにフランス、スイス、オーストリア、ドイツ、ベルギー、ポルトガルなどをツアーし、HORS PISTES TOKYO 2011 /HORS PISTES PARIS 2012、Varembert music festival 2011(Caen) 、BAL festival 2011(Paris) 、Regensburger Tanztage 2011(Regensburger)など多数のフェスティバルに出演。
http://www.naotoyamagishi.com/ 


上田暁子展 —絵画が画家の寝顔を見る時—
2015年4月10日(金)ー 5月15日(金)
休館日 土・日・祝
12:00~17:00
入場無料

オープニングレセプション
2015年4月10日(金)17:00 ー19:00

第一生命南ギャラリー
〒100-8411 
東京都千代田区有楽町1-13-1 DNタワー21
第一生命本館 1F
050-3780-5776 
JR有楽町駅下車 徒歩2分 
東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線 日比谷駅下車徒歩1分 
東京メトロ有楽町線 有楽町駅下車徒歩1分 
※地下鉄出口B1、B2

--------------------------------------------------

UEDA Akiko solo exhibition 
―When a Painting Is Looking at Painter's Sleeping Face

(fri) 10th April - (fri) 15th May 2015
12:00-17:00
Entrance free
*Closed days : Sunday, Saturday and National Holidays

Opening receptiion
(fri) 10th April  17:00-19:00

Dai-ichi Life Gallery1F Dai-ichi Life bldg. 
DN 21, 1-13-1 Yurakucho Chiyoda Tokyo JAPAN

----------------------------------
----------------------------------

------- Na hranici - Grenznah -------

I'm pleased to announce that I'll participate this group exhibition in Prague with great artists.
http://skolska28.cz/en/border-grenznah

I will show a water color painting which I painted in a artists symposium Na hranici - Grenznah.

"I've been in that forest three times In the rain, In your eyes, In our dreams" water color on paper 2013
"I've been in that forest three times
In the rain, In your eyes, In our dreams" water color on paper 2013


"Na hranici - Grenznah" it means "on the border" in Czech - German, this annual artist symposium for artists and students is held in a primeval forest near by border of Czech Republic and German.
I visit there in 2013 and had so many unforgettable experiences. I could also meet very nice people and artists there.
If you'll be in Prague at that time, please drop by....! 



---- Na hranici - Grenznah ----
Curators: Miloš Šejn, Tomáš Černý, Pavel Storch

■27th March – 24th April
■Opening: 26th March 18:00

■Školská 28 Gallery
Školská 28
110 00 Prague 1
Czech Republic

------------------------------------------

プラハで行なわれるグループ展に参加します。2013年夏に参加したアーティストシンポジウムで描いた「あめのなか、めのなか、ゆめのなか。森へは三度行きました。」という水彩画を出品します。

---- Na hranici - Grenznah ----
Curators: Miloš Šejn, Tomáš Černý, Pavel Storch
■3月27日 – 4月24日
■Opening: 3月26日 18:00
■Školská 28 Gallery
Školská 28
110 00 Prague 1
Czech Republic
http://skolska28.cz/en/border-grenznah


----------------------------------

上田暁子 個展「絵空事から生えるあし」

2015年1月23日(金) – 2月1日(日) 会期中無休
11:00-18:30 *最終日のみ16:00まで
NICHE GALLERY
104-0061
東京都中央区銀座3丁目3-12銀座ビル3F
tel: 03-5250-1006
-------

UEDA Akiko solo exhibition " Legs Grown from an Imaginary World "
|fri| 23th Jan- |sun|1st Feb 2015
(open everyday during the period)
11:00-18:30  *the closing day -16:00

NICHE GALLERY
3F 3-3-12 Ginza BLDG. Ginza Chuo-Ku Tokyo Japan
tel:(81)3-5250-1006

--------------------------------------------------------------------




 小品2点を出品しました。

ART POTLUCK2014
元麻布ギャラリー佐久平
〒3850027 長野県 佐久市長野県佐久市佐久平駅北1-1東横イン佐久平駅浅間口1F
2014年12月9日(火)~23日(火・祝)
11:00~19:00
木曜日定休・入場無料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー






















上田 暁子展
「森はまだ種のなか」
2014 年9 月13 日(土) -10 月19 日(日)
市立小諸高美術館・白鳥映雪館
開館時間:9:00 ー17:00
住所:長野県小諸市菱平2805- 1
電話:0267-26-2070
休館日: 9/16 ( 火) 22( 月)29 ( 月)・10/6( 月)14 ( 火)
入館料: 一 般 5 0 0 円( 団体4 0 0 円/ 3 0 人以上)
小中学生2 5 0 円( 団体2 0 0 円/ 30 人以上)

特別関連イベント* いずれのイベントも入館料が必要です

■9月13日(土)オープニングイベント
14:00ー16:30
コンサートとパフォーマンス
 Joachim Badenhorst(サキソフォン・クラリネット)
 山㟁直人(打楽器)
 森下 瑶(コンテンポラリーダンス)
 上田暁子(絵画)

Joachim Badenhorst(ヨアヒム・バーデンホースト)
管楽器奏者
1981年ベルギー・アントワープ出身。サキソフォン、クラリネットのソロの即興演奏の他、ポール・リットンとのコラボレーションや彼の率いるカラテ・ユリオ・オーケストラのために楽曲提供も行なう。
音楽大学で数年にわたって学んだ後、彼はベルギーのみに留まらずアメリカや他のヨーロッパの各都市での活動を精力的に展開し彼独自の時を刻んで来た。
現 在、彼は作曲と即興との間の境界に対して更にイメージを掘り下げ続けている。抽象的な音の研究とそれらが調和し得る旋律によって、どんな演奏空間とも親密 に響き合う審美的な音楽言語を追求し、それらを多様なオーディエンスと共有することのできる時空を模索し試みを続ける。
2年前から彼は、自身のレーベルKLEINを立ち上げ、ドローイング等の視覚的表現を自ら描くのみでなく、ポスター、ブックレット等のアートワークのプロデュースを手がけ、より豊かなイメージの源を加えた音楽リリースの形を行なっている。

山㟁直人 
ドラマー、パーカッショニスト

1979 年埼玉県生まれ。音楽以前の音楽を探求し、自然からの音や流れから生じる“リズム・響き・間”を大きなうねりにのせ、あらゆる空間を音と共に旅をする。
 画家上田暁子とはパリで出会い、その時の二人のセッションから生まれた絵を生涯を懸けて発展させて行くプロジェクト ‘En Route’を継続中。
1 3 才の頃からドラムを始める。ドラムを阿部拓也氏に師事。国内外、ジャンルを問わず様々なアーティスト(ミュージシャン、ダンサー、詩人、写真家、書道家、 華道家、メディアアーティストなど)と共演し、現在はソロやグループ、またサポートドラマーとしてフランスを中心にヨーロッパや日本で活動中。
主なグ ループやプロジェクトに瞬刻(書道家白石雪妃とのデュオ)、La Dent du Chat En Dormir(Laurent Rodz /France とのデュオ), Trio Soli(Anton Mobin/Feance, Daniel Thompson/England とのトリオ)など他にも多数。これまでにフランス、スイス、オーストリア、ドイツ、ベルギー、ポルトガルなどをツアーし、HORS PISTES TOKYO 2011 /HORS PISTES PARIS 2012、Varembert music festival 2011(Caen) 、BAL festival 2011(Paris) 、Regensburger Tanztage 2011(Regensburger)など多数のフェスティバルに出演。
http://www.naotoyamagishi.com/

パフォーマンス‘En Route’について
 2013 年7月に山㟁直人(打楽器)と上田暁子(画家)が、その時の二人のセッションから生まれた絵を、生涯を懸けて発展させて行くプロジェクト ‘En Route’を発足。2013年11月にパリCité internationale des Arts で行なったオープンセッションからは森下 瑶(コンテンポラリーダンス)を迎え、音、身体の動きに満ちた空間での絵の制作を行いパフォーマンスは更に立体的な広がりを見せた。その後それぞれに帰国 した3人が小諸高原美術館に集結し、パリから持ち帰ったその作品「En Route」の時の針を進める。

■9月15日(月)
14:30ー15:30
ギャラリートーク
 柳沢秀行(大原美術館学芸課長)

2013年に上田暁子が、滞在制作を行なった倉敷、大原美術館。同館学芸課長の柳沢秀行 さんをお招きし、作家本人と共に会場を巡りながら作品についてお話をして頂きます。  二人だけが知る制作秘話も聞けるかも・・・!


■10月4日(土)14:00-
歌と朗読のパフォーマンス
 玉井夕海(ウタウタイ=歌手、女優、accordion、piano)

宮 崎駿主催アニメーション演出家養成講座 「東小金井村塾 2 」修了後映画「千と千尋の神隠し」リン役に抜擢される。映画や舞台での主演女優をつとめる一方で 企画、脚本、音楽、等映画制作のフィールドでも活躍。 音楽の旅プロジェクト「White Elephant」代表。

独自の魅力を放つ力強くも 透き通った不思議な声。 自らも楽器のような彼女は 各地で物語を体現し続ける 歌手で女優で旅人。 そんな素敵な「ウタウタイ」 玉井さんと上田作品の世界とが新たな物語が生まれる予感に包まれて展示会場で出会います。

*敬称略

UEDA Akiko Solo Exhibition "Forests still be inside of a seed"
13 September (sat) - 19 October (sun) 2014
9:00 ー17:00
Days closed :16(tues)22(mon)29(mon)Sep・6(mon)14(tues)Oct

Komoro Heights Museum of Art
2805-1 Hishidaira
Komoro-City, Nagano, JAPAN 384-0041
Phone: +81(0)267-26-2070
E-mail: hoshino-yasuhiko@city.komoro.nagano.jp
http://www.city.komoro.lg.jp/institution/2014022505335/

Entrance fee: Adults: JPY 500, Children: JPY 250

Special events

■13th September (sat) 14:00 - 16:30
Openng concert and performance "En route"

Joachim Badenhorst (Reedist )
Naoto Yamagishi (Percussionist)
Yoh Morishita (Dancer)
   Akiko Ueda (Painter)

■15th Sptember (mon) 14:30 - 15:30
   Gallery talk

   Guest
   Hideyuki Yanagisawa (Curator at Ohara museum of arts)
   Akiko Ueda (Painter)

■4th October (sat) 14:00-
  Performance

  Guest
  Yumi Tamai (Singer,Actress)

 ---------------------------

オオハラ・コンテンポラリー・アット・ムサビ
2014年5月26日(月)- 8月17日(日)
無休
10:00-18:00(土・日・祝日:17:00閉館)
武蔵野美術大学美術館
東京都小平市小川町 1-736
tel: 042-342-6003
入館料無料

http://ocm.musabi.ac.jp/












「とある熱を通り抜ける」「記憶の花脱いで」の二点を出品しています。

I will be participating in this group show.

Ohara Contemporary at Musabi
Monday 26th May - Sunday 17th August 2014(Opening days: Every day)
10:00-18:00(Weekends & National Holidays -17:00)
Musashino Art University
1-736 Ogawa-cho, Kodaira-shi, Tokyo 187-8505 Japan
entrance free
---------------------------


個展「からダンスからだ」
酢重ギャラリー
7月11日(金)ー27日(日)
*12日(土)にオープニングパーティーを行ないます
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1-6
0267-41-2929
10:00-18:00























================================================================

“ Vie des Formes ”
Exposition à la Fondation des États-Unis
Kanene WESTON - Akiko UEDA - Rieko TAMURA


« Vernissage »
le samedi 15 mars 2014 à 18h30

« Conférence »
le jeudi 20 mars à 18h30 avec Chiara Palermo, philosophe de l’art et curatrice de l’exposition

« Exposition »
du 15 au 23 mars de 11h00 à 19h00, visite sur rendez-vous. Merci de bien vouloir appeler le 06 4662 1798.


FONDATION DES ÉTATS-UNIS
Cité Internationale Universitaire de Paris
15 Boulevard Jourdan, 75014 Paris, France
(RER B / Tram3 ‘Cité-Universitaire’)





================================================================ 


スロヴァキアのルチェネツという街のノヴォフラド美術館で行なわれている水彩画トリエンナーレに水彩画「森のまぶた」で参加しました。

I participate the 11th Triennial of Aquarelle in Novohrad Museum of Gallery at Lučenec(Slovakia). It has been held until 2nd February.

Je participe la 11ème Triennale de Aquarelle à Novohrad Musée et Galerie à Lučenec(Slovaquie). c'est jusq'au le 2 Février.

@Novohrad Museum of Gallery
Kubínyho nám. 3, 984 01 Lučenec



================================================================ 
Vernissage of Na hranici – Grenznah
31th August 2013














"I've been in that forest three times
In the rain, In your eyes, In our dreams"


watercolor on Indian handmade paper  / 2013

================================================================



21世紀に入ってから大原美術館が収集した日本の現代アートを一挙 公開する特別展示。私は、2012年の春に3ヶ月間倉敷に滞在制作し収蔵して頂いた「記憶の花脱いで」という作品で参加しました。
●Ohara Contemporary
@OHARA MUSEUM OF ART
(Kurashiki, JAPAN)
20th April (sat)
- 7th July (sun) 2013 

●オオハラコンテンポラリー
大原美術館(倉敷/岡山)
2013年4月20日(土)~7月7日(日)

▼以下大原美術館サイトから拝借した詳細です。
------------------------
21世紀に入ってから大原美術館が収集した、日本の現代アートを一挙公開いたします。
2002年の高階秀爾館長就任以降、当館は様々な企画を通してアーティストと連携し、その創作活動をご紹介してまいりました。
本展では、こうした活動を通じて収集した作品を中心に、当館が同時代美術とともに歩んだ、その歩みを振り返ります。
[会場] 分館、工芸・東洋館
[会期] 2013年4月20日(土)~7月7日(日)
[休館日] 月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)
[開場時間] 9:00~17:00(入場は30分前まで)
(4月27日、28日、5月3日、4日、5日は18:00まで)
[料金] 一般 1300円、大学生 800円、高~小学生 500円
上記料金で、本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館をご覧いただけます。
[主催] 大原美術館
[共催] 山陽新聞社
アーティスト
会田誠 淺井裕介 浅見貴子 岩熊力也 上田暁子 植松奎二 太田三郎 岡田修二 奥村美佳 小沢剛 押江千衣子 小谷元彦 小野博
off-nibroll 柏原由佳 ジュン・グエン=ハツシバ 小林孝亘 鯉江真紀子 鴻池朋子 斎城卓 齋藤芽生 坂本夏子 佐藤翠 杉本博司 
田窪恭治 田嶋悦子 辰野登恵子 津上みゆき 中川幸夫 蜷川実花
花澤武夫 東島毅 彦坂敏昭 樋口佳絵 平井優子×藤本隆行×
辺見康孝 福田美蘭 藤本由紀夫 北城貴子 眞板雅文 町田久美
松井えり菜 三瀬夏之介 森山大道 やなぎみわ ヤノベケンジ
山口晃 ログズギャラリー
渡辺おさむ

================================================================
上田 暁子 個展「誰が冬のシーツをめくるの」


2013年3月4日(月)〜9日(土)
会期中無休
11:00~18:30
銀座NICHE GALLERY
東京都中央区銀座3丁目3−12銀座ビルディング3F
TEL / FAX : 03-5250-1006

「誰が冬のシーツをめくるの II」220 x 273 mm /  oil on canvas 2013





UEDA Akiko Solo Exhibition 
"Who Turns over the Bed Sheet of Winter?"

2013 March 4(mon)〜9(sat)
11:00~18:30
NICHE GALLERY
3-3-12 GINZA BLDG.,GINZA,CHUO-KU,TOKYO,JAPAN
TEL / FAX : 03-5250-1006

================================================================
ART POTLUCK 2012 
クリスマスアートギフト展
■   場所 元麻布ギャラリー 佐久平
〒385-0027

長野県佐久市佐久平駅北1-1
東横イン佐久平駅浅間口1F
Tel & Fax 0267-67-5564
■ 会期 2012年 12月10日(月)-12月23日(日)
時間 11:00-19:00  
木曜定休

「回る野」oil on canvas 他2点
================================================================
企画展 心の花
■   場所 浅間縄文ミュージアム
■ 会期 2012年 12月8日(土)-12月24日(月)
時間 9:30-17:00  
休館日 
月曜日 

■ 観覧料 無料*常設展は有料です

詳細はこちら▶
「瞬間の満開」oil on canvas 他2点
================================================================ 

倉敷・大原美術館のアーティストインレジデンスプログラムARKO2012において滞在制作をしました。



作品公開/6月19日(火)~9月2日(日)

6月25日、7月2,9,23日(いずれも月曜日)のみ休館
大原美術館本館第6・7室
----------

テキーラ展2012 本所二丁目アートシーン
ギャラリーカフェニモード企画
テキーラ展2012 本所二丁目アートシーンⅠ 5/18.金-6/6.水,2012
12:00-18:00(土日-17:00)
初日18時よりオープニングパーティー
〒130-0004 
東京都墨田区本所2-17-3
Tel/fax 03(3625)6860



===========================

作家の雑貨展 SAKKA*ZAKA」
に「野原椅子」を出品しています。

2011年12月11日(日)~25日(日)
12:00~18:00/土日12:00~17:00
(休廊15日、22日、23日)
ギャラリーカフェニモード
〒130-0004 東京都墨田区本所2-17-3 
Tel/fax 03(3625)6860


--------------------------------------------------------------------------
「YOKOHAMA2011 みなとみらい展」
会  場:横浜市民ギャラリー
横浜市中区万代町1-1

     045-224-7921(会期中のみ)
開廊時間:午前10時~午後6時(初日は12時開館 最終日は16時閉館)
入場無料

出品作家
河内成幸 両岡健太 仙石裕美 土屋雅敬 田村達也 樺山祐和  
仙洞田文彦 今井麗 西村有 細川文未昌 門田光雅 大川心平  
上田暁子 坂口竜太 川合朋郎 八木なぎさ 三村伸絵 出射茂  
藤田邦統 西村冨彌

油彩作品「星狩る」「働かない日のためのペパーミント」2点を出品しました。
 信越放送60周年長野県信濃美術館45周年
 倉敷・大原美術館コレクション展

会 期:2011年6月11日(土) - 2011年8月21日(日)
休館日:毎週水曜日(8/3・10・17は開館)
時 間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
会 場:長野県信濃美術館 第1・2・小展示室
観覧料:大人1,300円、大学生1,100円、高校生以下無料

VOCA展2011の大原美術館賞受賞作品、『とある熱を通り抜ける』『あふれて入り口、あふれて出口』の油彩2点が大原美術館のコレクションとして展示されました。

--------------------------------------------------------------------------

個展「いつか野原になるまでのこと 」

「私はまだ野原ではない 」キャンバス/油彩・1939 x 970 mm・2011



NICHE GALLERY(銀座)
会 期:7月11日(月)–22日(金)
時 間:11:00〜18:30

*17日(日)休廊



Solo Exhibition
@NICHE GALLERY(Tokyo)
7/11(mon)-7/22(fri)
Open hour:Mon-Sat 11:00〜18:30 


****************************************************
 はるひ絵画トリエンナーレ回顧展
会 期:2011年5月4日(水) - 2011年6月19日(日)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日が休館)
時 間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
会 場:清須市はるひ美術館
観覧料:無料
 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
第6回はるひトリエンナーレ大賞受賞作品
「世界は大きな花束でもある」
をはじめとした収蔵作品が展示されました。
*6/18(土)アーティストトーク参加。

展示レポート
art lumiere ombre
▶清須市はるひ美術館ブログ


****************************************************

2011年3月14日(月) 〜 3月30日(水) 
10:00 〜 17:00(入場は閉館30分前まで)
*木・金・土曜日 〜 18:00
*会期中無休
一般・大学生 ¥500 高校生以下 無料 

上野の森美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園 1-2
 tel : 03-3833-4191

VOCA展2011レポート
by ohta(2seam 1stball)
 
****************************************************

豊田市美術館 展示室9ほか
2011年2月23日(水) --- 3月6日(日) 
10:00~17:30(入館は17:00まで)
月曜休館
入館無料

豊田市美術館
〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
Tel:0565-34-6610


▼美静さんによる素敵なレポートです!
art lumiere ombre




***************************************************




 H22年度アウトリーチ

「アイチ・ジーン」 
  AICHI GENE -some floating affairs-                                                    
2010 / 9/ 14 (火) ― 10 / 3 (日) 

出品作家     ※各会場により出品者は異なります。



阿部大介/安藤陽子/ 井出創太郎/今林明子/上田暁子/大﨑のぶゆき/大西 久/
カミムラケイサク/神田毎実/城戸 保/坂本夏子/鈴木雅明/田中元偉/谷村 彩/
丹羽康博/長谷川冬香/細井博之/森井開次/森川美紀/山田純嗣/吉本作次 

会期


愛知県立芸術大学芸術資料館 2010年9月14日(火)~10月3日(日)

清須市はるひ美術館 2011年2月1日(火)~2月20(日)

豊田市美術館 展示室9 2011年2月23日(水)~3月6日(日)
  
詳細ページ▶

はるひトリエンナーレでの大賞作品+近作3〜4点を出品



” 100 ARTIST OF CHASE ” 
@ NICHE GALLERY(Tokyo)
2010/7/27(tue)ー8/6(fri)




7月27日(火)から8月6日(土)まで
NICHE GALLERY(銀座)にて
『追跡する100人展』に参加します。






**********************************************



 













SOLO EXHIBITON
2010/1/11~16

solo exibition ”Depth of the inner garden”
@
Gallery b.Tokyo
Address: Yoshii Bldg.
B1F, 3-5-4Kyobashi,
Cyuo-ku,Tokyo 104-0031
Phone&Fax:03-5524-1071


Date:2010/1/11(mon) ~16(sat)
open:11:00~19:00
*15(fri)~21:00
*16(sat)~17:00





上田暁子個展「内庭の無限」

2010年1月11日(月)〜16日(土)
   11:00〜19:00
*15日(金)〜21:00
*16日(土)〜17:00

Gallery b.Tokyo
〒104-0031
東京都中央区京橋3-5-4 吉井ビルB1F
TEL&FAX:03-5524-1071




***************************************************

2009年11月11日(水) ~11月15日(日)

シェル美術大賞2009@代官山ヒルサイドフォーラム



代官山 ヒルサイドフォーラム
東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1F

****************************************************
2009年10月15日(木) ~11月04日(水)

はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ60 
上田暁子個展

「世界は大きな花束でもある」 はるひ美術館






【はるひ美術館】
〒452-0961 清須市春日夢の森1番地
電話/052-401-3881 FAX/052-408-2791

●開館時間/午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
●休館日 /月曜日
●観覧料 /200円

****************************************************
2009年4月1日(水)~6月28日(日)
第6回はるひ絵画トリエンナーレ入選作品展
*第6回夢広場はるひトリエンナーレにて大賞受賞